×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

今日も行ってやった。

うちの殿様犬リックが、毎日のお散歩コースをご案内します。
リックは「おれ様がうちで一番えらい!」と思っているので、 当然の事ながら
朝晩のお散歩は、「連れて行ってもらった」 ではなく、「行ってやった」なのです。
(確かに昔はそうだったのですが、今は毎日どこにも行かないので、なんですが・・・。)

 ホームへ戻る   過去分INDEXへ

2008年6月29日(日)

雨は降っていたけれど、
今日が茶子のスクールデビュー。

6月29日


まずは『脚側』からですね。

まだまだサマになってませんが、
何となく理解してもらったようでした。

6月29日

『トンネル』も初体験。

意外に慎重派だったのには、
みんなビックリでした。

6月29日

そして、泥だらけになって遊ぶ・・・。
(やめてくれ〜〜)

6月29日

らん丸も久しぶりのスクール。
タッチの練習では、
泥の中のおやつを食べてました。
けな気だのー。

さすがにこの日は、
家に帰ってから犬を4頭洗いましたよ、
ええ、けっこう大変でした。



2008年6月22日(日)

今日は 僕の おかま 記念日。

6月22日


3歳と4ヶ月、ついにらん丸、去勢です。

これを決断するのには、たいへん悩みました。
しかし、終わってみれば「ホッとした」わけです。
これで、茶子のヒートがいつ来ても大丈夫!

6月22日

医者でのらん丸は、終始、
強い拒絶の態度をとり続けていましたね。

車から降りる時点ですでに「拒絶」、
病院玄関を入るのに「拒絶」、
奥の診察室に行くのを「強く強く拒絶」。

診察室に続く廊下には、
らん丸のオシッコと肛門腺液が飛び散って、
たいへんな状態になってしまいました。
見かねた先生が、
「今すぐここでやりましょう!」と言ったのは、
玄関のドアの前でした・・・。

麻酔が効いてから手術室に運び、
ずっと手術中も立会い、
麻酔が覚めるまで付き添って、
連れて帰って来たわけです。

普通は午前中に置いて帰り、
夕方迎えに行くらしいですよね、
そのつもりで予定も立てていたんだけど・・・。

ものすごく 疲れました、飼い主が。

6月22日

手術した夜も、いつも通り、
何事も無かったかのように、
茶子と激しく遊んでました。

その格好は痛いんじゃないの?


《PS》
エリザベスカラーは使わないということでした。
当日と次の日には何回か気にして舐めていましたが、
あとは何ともなかったです。



2008年6月21日(土)

時の経つのが早すぎて、
更新がついていかない今日この頃ですが・・・、

茶子のクレイトを大きいサイズに変えました。

6月21日

月末には丸6ヶ月になるのに、
思ったほど大きくならないので、
いろいろと対策をこうじているところです。
ごはんの器も大人用サイズに変えたしね。

6月21日

なんとか「ラージサイズ」にはなってもらわないと、
頼むよ茶子ちゃん。



6月21日

「ブタ顔」と言われる茶子ですが、

6月21日

たしかに似てる・・・。



2008年6月14日(土)

FCI東日本インターナショナルアジリティー競技大会IN平塚

お天気が良かったですね〜、
そして、ひじょうに暑かったですね。

6月14日

今回、駐車場とターフの場所が、
今までの中でダントツに良かったです。

ほんと、来てよかった〜。

6月14日

『テーブル』の練習もさせてもらえました、
「ピッピッピ ピー」という音が意外に大きく、
少し不安でしたが、らん丸は問題なしでした。


6月14日

茶子も相変わらず、人にも犬にもフレンドリーで、
いろんな人や犬にかまってもらって、
楽しい1日になったようです。

いやー、めでたしめでたし。


今回、AG・JPとも失格ということには、あえて触れずに終わりたいと思います。



2008年6月1日(日)

FCIインターナショナルアジリティー競技大会

はじめての本部大会でした。

前日はひどい天気だったそうですが、
日曜日はスカーンと晴れて、
日差しは強いけれど海からの風が心地よい、
まさにアジリティー日和の1日でした。

6月1日

会場は、埋立地の広い公園の中にあり、
沢山の家族連れが海で遊んだりしていました。

ギャラリーも多かったですね〜。

6月1日

らん丸はこの日が3度デビューということで、
父さんもそうとう緊張していたようですが、
デビュー戦にしては上出来ではないかと思いました。

まあ、私にはアジリティーのことはよくわかりませんが、
両方ともミス無く最後まで走れたのは良かったと思うのです。

しかし今回は、どちらもタイム減点がついてしまい、
がっかりな結果となってしまいました。

ちなみに、こんな感じの走りでした。







ホームへ戻る   過去分INDEXへ